冬の川面は冷たくて
揺れている橋のたもと
過去を見下ろして、今日を見下ろして
だけど明日を見ることは出来ない

こんな手紙をもらう前に
言っておくべきことだったのに
夢ばかり見続けた愚か者
もう本当に手遅れになってしまった

 君はどこか遠くに行ってしまった
 ぼくを、こんなぼくを一人残して

限りなく叫び続けても届かない
だから力尽きるまでぼくは歌うんだよ
君にあえた日から今日までを
歌に託して、今歌うんだよ

いつか君にあえそうな気がして
もう一度君にあえそうな気がして
だからそればかり夢見て
今日まで歌ってきた歌を

 君はどこか遠くに行ってしまった
 ぼくを、こんなぼくを一人残して

寂しさはどこまでも冬の川面
冷たさはいつまでも冬の夜風
ぼくは何を思えばいいんだ
ねえ、ぼくは何を頼ればいいんだ

 君はどこか遠くに行ってしまった
 ぼくを、こんなぼくを一人残して