吹く風

カテゴリ: テレビ・芸能

『マンションのオートロックシステムは、こげな時に困る』
 この文章は、『ゲゲゲの女房』の第96回にヒントを得た。
 この回は水木しげること村井茂(向井理)が、雄玄社マンガ賞を受賞した時の話だ。島根にいる舅の源兵衛(大杉漣)が受賞の一報を受け、婿のところに特級の一番高い酒を送れと家の者に指示を出すのだが、妻のミヤコ(古手川祐子)から、村井さんは酒が飲めないと言われる。その時に言った
「ああ、そげだった。下戸の婿はこげな時に困る」
 というセリフを拝借した。

 この週で村井家は長い貧乏生活から脱出する。その次の週にプロダクションを旗揚げし、翌週が、『悪魔くん』のテレビ実写化の話。その週の茂と戌井さん(梶原善)とのやりとりは実に感動的だった。そしてその次の週が『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビアニメ化。いよいよ鬼太郎ブームが始まる。という流れだった。


『マンション生活の数少ないデメリットと言えるな』
 この文章は、『結婚できない男』の第3話にヒントを得た。
 桑野信介(阿部寛)の職場に、宅配物(68年版人生ゲーム)が届いた。周囲がどうして配達先を自宅にしないのかと尋ねると、昼間は不在だし、帰ってから不在票が郵便受けに入っていると気分が悪い。それに再配達を頼んだ場合、家で待ってないといけない。その後に言った、
「独身生活の数少ないデメリットと言えるな」
 というセリフを拝借した。

 このドラマは、次の回の第4話がぼくは大好きで、数十回は見ている。前半が夏美先生(夏川結衣)との葛飾柴又でのエピソード、後半が花火大会でのエピソードという二度おいしい回になっている。


 どちらのドラマのセリフも特にウケを狙ったものではなく、ドラマの流れに沿ったさり気ないものだったが、そういうものが残るのだ。昨日記事を書いている時に、セリフが自然に出てきました。

 今週月曜日からNHKBSプレミアムで、朝ドラ『マー姉ちゃん』の再放送が始まった。サザエさんの作者、長谷川町子さん一家の話だ。

 42年前このドラマの第一話を、ぼくはリアルタイムで見ている。しかし、見たのはその一話だけで、以降は見ることが出来なかった。なぜなら、当時ぼくは、東京で一人暮らしをしていて、テレビのない生活を送っていたからだ。一話は、アルバイト先にあるテレビでやっていたのを見たのだった。
 ぼくは四コママンガ時代からのサザエさんファンだ。もちろん、このドラマの原作である『サザエさんうちあけ話』も、発売と同時に購入して、何度も何度も読み返した。だからこそ、このドラマが見たくてたまらなかった。
「いつか再放送をやるだろうから、その時見よう」
 ということで、チャンスを待ったが、何度も見逃している。

 今回、ようやくその念願が叶うわけだ。朝7時15分から再放送を視聴し、録画をして夜に見る。さらに毎週日曜日は一週間分の一挙放送を録画し、永久保存版にしようと思っている。

 いまだ見逃したままになっているドラマ。TBS『グッドバイ・ママ(坂口良子主演)』『時間ですよ昭和元年』『さくらの唄(樹木希林と桃井かおりが姉妹役で共演)』『あこがれ共同(体郷ひろみ主演)』。日テレ『雑居時代(石立鉄男と大原麗子)』『水もれ甲介(石立)』『気まぐれ本格派(石立)』『姿三四郎(竹脇無我主演)』、他一連の青春もの。テレ東『高校教師(加山雄三主演)』。フジ『光る海』等々。

 もしかしたら、スカパー!で見られるのがあるかもしれないが、先方のスケジュールに合わせて契約するのも面倒だ。各民放キー局やNHKはネット配信をやっているんだから、そちらで流してもらいたいものだ。

 テレビドラマの話だが、今年の4月期は、多くの新ドラマが新型コロナの影響で、いつ始まるのかわからなくなった。そのため、見る気が失せてしまった。その流れで来たために、夏ドラマもまったくと言っていいほど見ていない。

 代わりに見始めたのが、録りだめしているドラマやネット動画で、NHK朝ドラ『ゲゲケの女房』『あさが来た』『ひよっこ』『なつぞら』、フジ『やまとなでしこ』『結婚できない男』『プロポーズ大作戦』『素敵な選TAXI 』『コンフィデンスマンJP』、日テレ『すいか』『架空OL 日記』『探偵が早すぎる』、テレ朝『トリック』『ドクターX』、テレ東『まほろ駅前番外地』等々。こういったドラマは何度も見ているし、内容もわかっているが、その都度楽しめる。

 そういうドラマを見終わってから見だしたのが、TBSの『ムー』『ムー一族』、そして今見ている『寺内貫太郎一家』といった、ぼくが若い頃に見ていたドラマだ。これらのドラマは放送回数が長く、『ムー』は全26話、『ムー一族』と『寺内貫太郎一家』にいたっては全39話だ。現在のドラマはだいたい10話で1クールだから、39話なら4クール分だ。つまり一つのドラマを1年近くやっていたわけだ。

 その一年近くの間、若かったぼくは友だち付き合いやアルバイトなどで、毎週同じ時間に家にいたわけではなかった。それゆえに見逃した回も多くある。家庭用のビデオデッキなどなかった時代だったので、見逃した場合は、いつあるのかわからない再放送の放映を待つしかなかった。しかも再放送は、ほとんど平日の昼間にやっていたから、見られる可能性は限りなく低かった。というわけで、これら古いドラマには初めて見る回がいくつかある。実に新鮮である。

最近、テレビは特番ばかりやっている。
番組改編時期なのでしかたないのだろうが、これが面白くない。
特に、それまでやっていた番組が面白かったりした場合は、なおさらだ。
野球も終わってしまったし、今週はスカパー!でやっている『ミナミの帝王』もお休みだし、次のドラマが始まるまでしばらくこの状態が続きそうである。

というわけで、面白くない秋の夜長に、何をしているのかというと、また『結婚できない男』を見ている。
やはりこのドラマは何度見ても面白い。
さすがに平成ドラマのベスト2位(日経エンタテインメント調べ)に、選ばれただけのことはある。
特番の時期こそ、くだらんバラエティなんかしないで、こういう面白かったドラマのスペシャルをやってもらいたいものだ。

いつもドラマ『プロポーズ大作戦』を見ている時に、東京にいた頃のことを思い出していた。
もちろん東京時代にタイムスリップを経験したわけでもないし、東京で愛の告白をしたという体験を持っているわけでもない。
でも、何か似ているのだ。

いったい何が似ているのだろうと、いろいろ考えていたのだが、最終回の今日、ようやくそれがBGMにあるという結論に達した。
『プロポーズ大作戦』の主題歌は、サザンオールスターズが歌っている。
それがドラマの中で効果的に使われていた。
ぼくが東京に住んでいた頃もうそうだった。
個人的なイベントがあるたびに、いつもサザンの歌がかかっていたのだ。

友人たちと西伊豆に海水浴に行った時もそうだったし、富士山に行った時もそうだった。
帰省の前日に飲み過ぎて、二日酔い状態で飛行機に乗ることになったのだが、その時友だちが羽田空港まで車で送ってくれた。
その時も、車の中ではサザンがかかっていた。
頭の痛みを抑えながら、サザンを聞いていた。
その当時かかっていたのは、当然のことながら今ヒットしている主題歌の『明日晴れるかな』ではなく、『勝手にシンドバット』であり『いとしのエリー』だった。

しかし30年近くも前の古い歌なのに、なぜ今につながるのかというと、それはサザンのサウンドの基本的な部分が変わってないからだと思う。
二十歳前後という多感な時期を、今も変わらぬサザンのサウンドとともに過ごしてきた経験を持つからこそ、ぼくはこのドラマに自分の過去を見る思いがして、愛着を持ったのだと思う。

夜、友人から電話が入り、ショックなことを聞いた。
石立鉄男が亡くなったのだ。
石立鉄男に関しては、このブログで何度か書いているが、ぼくは今でも彼のファンで、チャンネルNECOでやっている『雑居時代』などの再放送は欠かさず見ている。
ドラマが始まる前に、石立本人が出て「石立鉄男アワー」と言っている。
それを見るたびに、ぼくは『老けたなあ』と思っていたが、まさか死ぬほど老衰していたとは思わなかった。
最近その「石立鉄男アワー」以外で、彼をテレビで見たことはなかったが、きっと病気と闘っていたのだろう。

まだ64歳だったというから、役者としてはこれからじゃないか。
再び杉田かおると、『パパと呼ばないで』をやってくれることを望んでいたのに残念である。
何かひとつの時代が終わったような気がしてならない。

最近、スカパー!東映チャンネルで『素浪人月影兵庫』を見ている。
小学生の頃にテレビでやっていた時代劇で、主役の近衛十四郎が友だちのお父さんによく似ていたので、親近感がわき、その頃毎週欠かさず見ていたものだ。
その頃の時代劇というのは、けっこうシリアスなものが多かったが、『素浪人月影兵庫』やその後の『素浪人花山大吉』はコミカルな時代劇だった。
その面白さを覚えていたので、つい見てしまったわけだ。

普通の時代劇では、侍は「拙者、御主」と言うが、ここでは「わし、あんた」、この言い方に妙に親しみと新鮮みを感じる。
また、焼津の半次(品川隆二)との絶妙なやり取りに、改めて面白さを発見する。
主題歌や劇中の音楽なども見始めはすっかり忘れていたが、何度か聞いているうちに、記憶が蘇ってくる。
…など、そういった理由から、今は完全にハマってしまっている。

ところで、ぼくが小さい頃は、テレビで時代劇をよくやっていたものだ。
そのせいで、ぼくはけっこう時代劇ファンだった。
『隠密剣士』の大瀬康一に憧れ、『琴姫七変化』で松山容子を好きになり、『旅がらすくれないお仙』の大信田礼子に鼻の下を伸ばしていた記憶がある。

そういえば、その頃『水戸黄門』なんかもやっていたのだが、今の「人生楽ありゃ、苦もあるさ~♪」のシリーズではなく、三波春夫が主題歌を歌った月形龍之介主演のやつだった。
そのため、初めて東野英治郎の水戸黄門を見たときは、違和感を感じたものだった。

ぼくの時代劇好きはその後、中村敦夫の『木枯し紋次郎』、中村梅之助主演の『遠山の金さん』『伝七捕物帳』、藤田まことの『必殺シリーズ』まで続く。
必殺シリーズは20代までやっていたので、時代劇を見ていたのもその頃までだ。
その後は、あまりテレビで時代劇をやらなくなったし、ぼく自身がテレビを見なくなったせいもあって、時代劇は見なくなった。
もし『月影兵庫』のようなコミカルな時代劇をやってくれたら、必ず見るのになあ…。

さて話は戻るが、『素浪人月影兵庫』は毎週2話ずつやっているのだが、それを見終わった後に必ず見ている映画がある。
『新・日本の首領』で、これは近衛十四郎の息子松方弘樹が主演している。
演技のほうはよくわからないが、ちょっとしたしぐさなどは近衛とそっくりである

中学の頃、日曜日の午後にテレビでよくやっていた映画がある。
勝新太郎主演の『兵隊やくざ』シリーズである。
ぼくはこの映画が好きで、いつも見ていた。
規律の厳しい軍隊という枠に縛られずに、好き勝手やっていた大宮上等兵(勝新太郎)の行動が実に痛快だったのだ。
これは学校内でもけっこう評判になり、この映画を見てないと月曜日の話題について行けなかったものだ。

さてこの映画、モノクロだったせいで、その後はテレビでやらなくなった。
そういうことがあり、だんだんその映画の存在を忘れていった。
十数年前だったか、一度ビデオで発売されたことがある。
が、その時はさほど見たいとは思わなかった。

ところが最近、なぜか『兵隊やくざ』の夢を見るようになった。
別に自分が『兵隊やくざ』の中に登場しているわけではない。
その映画を見ている夢だ。
「何で今頃、『兵隊やくざ』の夢なんか見るのだろう?」
と不思議に思っていたら、その答がスカパー!の中にあった。
何気なく番組表を見ていると、そこに『兵隊やくざ』の文字を見つけた。
いつ放送するのだろうと調べてみると、27日と28日になっていた。
つまり一昨日と昨日で、シリーズ全作品を一挙放送するのだ。

「あの夢は、『この映画を見れ』という神様のお告げだったのかも知れん」
と、ぼくは全作品を録画することにした。
全部で9作だが、これを全部見たら何かいいことでもあるのだろうか?
とりあえず昨日と今日で1作ずつ計2作見たが、中学の頃を思い出しただけだった。

昨日は昼の12時から6時までの6時間、今日は12時から5時半まで、しっかりと見ました『結婚できない男』。
やはり何度見ても面白い。

これを放送していた頃(7月から9月)は、火曜日がくるのが楽しみだった。
いちおう録画はしていたが、なるべくリアルタイムで見るようにして、見終わってからすぐに録画分を見る。
それから何日か経ってから見る。
翌週の火曜日にもう一度見てから、その週の分を見ていたものだ。

なぜそんなことをしていたのかというと、このドラマ、内容だけでなく、小道具なども続きものになっていた。
そのため、前回や前々回を見て、そこに隠れている仕掛けを探す楽しみもあったわけだ。

しかし、リアルタイムでやっていた頃は、まさか年末にこんな形で見られるとは思ってなかった。
久しぶりに充実した年末だったといえるだろう。

ただ、一点だけ不満があるとしたら、最終話が二ヶ所カットされていたことだ。
余計なCMなど入れないで、全部見せてほしかった。


…ということで、今年の記事はこれでおしまいです。
よいお年を

毎年年末に、その年一番話題になったドラマを再放送をやることが多い。
で、今年はというと、フジ系はやはり『結婚できない男』だったようだ。
関東で25日から、関西では27日から再放送をやっているらしい。
全部で12話、どこも年内に終わらせるようだから、毎日2話から3話単位で再放送しているのだろう。

さて、こちらのフジ系TNCはというと…。
新聞のテレビ欄を見ては毎日落胆していた。
今週に入ってからは『山村美紗サスペンス』なんかやっているのだ。
いったい誰がそんな番組を見るのだろう。
そんなのはいつもやっているわけだし、せっかくの年末なんだから、もうちょっと気を利かせるべきだ。
他局(TBS系)は、ちゃんと『花より男子』の再放送をやっているのに、この差は何だろう。
やはり年末もスカパー!を見るしかないのか。
…などと、『結婚できない男』ファンのぼくは半分腐った気持ちでいた。

ところがである。
今日、嫁ブーがどこからか手に入れてきた週間番組表を見ていると、そこに『結婚できない男』の文字が見えたのだ。
おお、やるじゃないですか!
ちゃんと、こちらでも再放送をやることになっていたのだ。
それも何と30日と31日の二日間で。
30日は6時間、31日は5時間半、一挙に放送である。
最初からテレビガイドでも買っておいたら、腐らずにすんだわけだ。

これで何とか安心(?)したが、よく考えてみると、ぼくの場合、ついこの間DVDを見終わったばかりなので、特に見る必要もない。
しかし、こういうのは見ないと何か損するような気がするものだ。
そういうわけで、30日と31日は一挙に見ることにする。

このページのトップヘ